霊山歴史館
HOME ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
展覧会
維新土曜トーク
友の会ツアー
歴史教室
特別講演会
 
 
 
  トップページ / 展覧会・行事 / 特別講演会 / 73回維新教養講座
  2012年春の特別講演会(第73回維新教養講座)
  「志士と水戸学」をテーマに 5月5日(土)開催
 
   
 
徳川御三家のひとつ、水戸藩は「大日本史」の編纂事業を通じて「尊王攘夷」の思想を生み、吉田松陰、坂本龍馬をはじめ幕末の志士や新選組にも大きな影響をあたえました。本講座では、水戸学の成り立ち、志士への影響などをわかりやすく解説します。
霊山歴史館では、春季特別展「幕末の精神をたどる」で、水戸学の貴重な資料を展示しています。
こちらもぜひご覧ください。
 


松延 年の「尊攘」の掛軸
【ごあんない】
◇日時: 2012年5月5日(土)午後1時半~  
◇場所:霊山歴史館講堂
◇講演: 「志士と水戸学」
       霊山歴史館・木村幸比古学芸課長
◇会費: 一般500円、友の会会員は無料(要会員証)
◇定員: 当日先着160人(事前予約はできません)
一覧ページへ戻る
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト