霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース /NEWS-2011.6.19-hijikata
  土方歳三が死の直前に残した歌が霊山歴史館で見つかる
読売新聞でも大きく報道 一般公開は7月26日から予定
 

 巻頭に土方歳三のと思われる詩がある和歌集

 霊山歴史館では収蔵していた古くからの資料を修復するため調査していたところ、新選組副長・土方歳三(1835~69)が最後に残した辞世と思われる和歌が見つかりました。
資料は土方と行動を共にした隊士・島田魁(1828~1900)がまとめた和歌集で、巻頭に下記のような土方の歌が載せられています。
 
( ほこ ) とりて月見るごとにおもふ ( かな )
あすはかばねの上に ( てる ) かと


 鉾を手に取って月を見るたびに思う。あすはしかばねの上に照るのかと・・・との心情を詠んだもの。
土方は旧幕府軍と新政府軍の最後の戦いとなった箱根戦争で、死期を覚悟しながら指揮を取り、ついに箱館で新政府軍の総攻撃を受け、銃弾に倒れました。
 この歌集は島田家から寄贈されていたもので、ほかに新選組隊士や幕府側の藩士数十人の歌が載っており、降伏後に生きのびた数人が証言を残していることがわかりました。木村幸比古・学芸課長が証言を調べたところ、その総攻撃を受ける前夜、旧幕府軍幹部らが惜別の を開いていることもわかりました。木村課長は「土方のこの歌は惜別の宴で詠まれたのでは」と分析しています。
他の収録歌は、降伏後の謹慎中に詠まれたもので、無念の胸中からかほとんどの歌に寂寥感が漂い、歴史の流れの中に見る当時の悲壮な様子を見る人にひしひしと伝えています。下はその一部を抜粋したものです。

 
中島登   横倉甚五郎
きのふ迄
ともになびきし
一枝の
柳をちらす
秋風そ
うき
  義をたて
つくせしことも
水の泡
打ちよす
浪に消て
ながるも
 ■霊山歴史館での公開予定>
 この和歌集は、霊山歴史館で7月26日から一般公開することにしています。

このニュースは6月15日の読売新聞(下の写真)やネット上(読売オンラインなど)で大きく報じられました。

 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト