霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース / NEWS-20120903-akitenmidokoro1
  秋の展覧会「京・幕末動乱」見どころ
   「安政内裏造営誌」など盛りだくさん
 
   秋の展覧会「京・幕末動乱」は9月4日から開幕しました。幕末に政治の舞台となった京都のさまざまな動きを豊富な資料で紹介しています。その見どころの一部を紹介します。ご来館のうえ、ぜひ実物をご覧ください。
於薩海二英入水(おさつかいにえいにゅうすい)
 安政の大獄で追われる身となった僧・月照は、西郷隆盛とともに薩摩へ逃げました。しかし薩摩藩は月照を藩外追放にすることに決めたので、絶望した二人は冬の錦江湾に…。明治時代に描かれた錦絵です。
 ◆安政内裏造営誌(あんせいだいりぞうえいし)
 嘉永7年(1854)4月御所が炎上し、京都市中の半分が類焼したことをご存じのかたは、相当な幕末歴史通。
しかも、火事の原因は意外なところにありました。安政2年(1855)に行われた造営の克明な記録です。(展示は前半部分)
 日本諸侯之旗印                 (増田恒男氏蔵)
 
 日章旗、菊花紋旗、大名20家の旗と石高などに加え、英文の表記もある珍しい絵図。慶応4年(1868)ごろのものと思われます。     
 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト