霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース / NEWS-2013.1.7-kyotosinbun
    開催中の特別展 京都新聞で大きく紹介
    「会津の武士道 第1期 八重の時代」 スペンサー銃など見どころ多数
 
   2013年春の特別展「会津の武士道 第1期 八重の時代」は1月3日に開幕。1月6日にはNHK大河ドラマ「八重の桜」もスタートし、注目を集めていますが、1月7日付の京都新聞でも大きく紹介されました。
 特別展では、激動の幕末維新を力強く生きた新島八重と心の支えとなった会津の武士道を多くの資料で紹介しています。会津戦争で八重が使用したものと同型のスペンサー銃や、京都で働いた日本最初の女学校「女紅場」の扁額など見どころも多数です。
 京都新聞では、「NHK大河ドラマ『八重の桜』の主人公で『幕末のジャンヌ・ダルク』とも呼ばれる八重や幕末の会津藩を、写真パネルや戦地の略図、関係者の書など約100点の史料でたどる」と紹介しています(写真下)。
 「第1期 八重の時代」は5月6日まで開催。休館は4月15日(月)、4月22日(月)のみです。ぜひご来館ください。

 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト