霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース /NEWS-2013.8.15fukuiken
  有形文化財「嘉穂劇場」で講演会
    木村副館長と木村学芸課長「長崎街道を駆け抜けた幕末の志士達」
 
 

 国の登録有形文化財に指定されている福岡県・嘉穂劇場で開催される歴史講座で、霊山歴史館の木村副館長と木村学芸課長が講演します。
 テーマは、「長崎街道を駆け抜けた幕末の志士達」。日時は3月30日(日)13時30分からです。
 嘉穂劇場(右写真)は、福岡県飯塚市にあり、昭和初期に建設されました。当時は、石炭産業が隆盛を極め、多くの炭鉱関係者が大衆演劇などの公演につめかけ、年間200日以上開催されたこともありました。大正から昭和初期に建てられ現存する全国でも数少ない劇場で、現在は、特定非営利活動法人(NPO)嘉穂劇場として運営されています。
 詳細は、下記案内チラシをご参照ください。

  【日時】 3月30日(日)13:30~(13:00開場)
  【会場】 嘉穂劇場 (電話 0948-22-0266)
  【費用】 一般1000円、高校生以下500円
  【主催】 e-MATE
  【講演】 霊山顕彰会福岡県支部、飯塚市教育委員会、飯塚商工会議所、A-BOOK

 

 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト