霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース /NEWS-2015.1.12-ibarakiyosinobu
     茨城県立歴史館「徳川慶喜」展に資料出品
        「加茂行幸図屏風」、徳川慶喜書「松雲伴鶴飛」など6点
 
 

 茨城県立歴史館では2月7日から特別展「徳川慶喜」を開催しますが、霊山歴史館では「加茂行幸図屏風」(右写真)など6点を出展します。
 徳川慶喜は、水戸藩主・徳川斉昭の7男として誕生し、御三卿の一つである一橋家を相続。若くして英明をうたわれ、将軍候補として周囲の期待を集めました。幕末の混乱のなかで、第十五代将軍に就任し、幕政改革を進めますが、慶応3年(1867)、大政奉還し最後の将軍となりました。
 霊山歴史館からは、ほかに徳川慶喜11歳の書「松雲伴鶴飛」、錦絵「山城淀川風景之図」、「京師長藩乱妨之記」など6点を出品します。ぜひご覧ください。
 詳細は、下図をご参照ください。



   【期間】  2月7日(土)~3月22日(日)
   【開館時間】  午前9時30分~午後5時(入館午後4時30分まで)
   【休館日】  2/9、2/16、2/23、3/2
   *詳細は 茨城県立歴史館(電話029-225-4425)にお問合せください。

 

 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト