霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース /NEWS-2015.06.04-kobekoenkai
    霊山歴史館・木村副館長が神戸で講演
       6月19日(金)、神戸学院大学。テーマは「松陰の実学」
 
 

 霊山歴史館・木村幸比古副館長が、6月19日(金)に神戸学院大学で講演を行います。テーマは「松陰の実学」。お近くの方はぜひご聴講ください。
 2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公・文の兄 吉田松陰は九州、東北、東京などを遍歴し、実体験のなかから自らの思想を固めてゆきました。そして松下村塾でその思想を伝え、多くの志士を育てました。木村副館長はPHP新書から「松陰の実学」を上梓しており、永年の研究をベースに松陰の生涯と思想を解説します。

 詳細は、下記ポスターをご参照ください。
 



 

 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト