霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース / NEWS-2015.7.15-kyotofusigi
     木村学芸課長が出演 KBS京都テレビ・BS11「京都不思議百物語」
       歌手・白井貴子さんが来館。龍馬暗殺の謎を探る
 
    KBS京都テレビとBS11で7月に放送された特別番組「京都不思議百物語」に霊山歴史館・木村武仁学芸課長が出演、坂本龍馬暗殺の謎について資料を示しながら解説しました。
 番組は、俳優の辰巳琢郎さんがナビゲータとなって古都京都の歴史に潜む不思議と謎を解明しようというもの。龍馬暗殺のほか、平安京遷都、陰陽師安倍晴明、本能寺の変などの謎を取り上げました。
 霊山歴史館には、歌手の白井貴子さんが来訪。龍馬を斬った刀の前で木村学芸課長とともに、龍馬暗殺にまつわる謎について解明しました。木村学芸課長は「殺害の犯人については新選組犯行説、紀州藩黒幕説、薩摩藩陰謀説、幕府見廻組犯行説があるが、事件前後の動向から幕府見廻組が犯人との見方が有力」と解説しました。また、明治38年の日露戦争の前夜、明治天皇の皇后の夢枕に坂本龍馬らしき人物が現れ、「日本をまもる」と告げたことなどを紹介。「龍馬は、現代まで何年かごとに話題になり、日本を元気づけてくれる魅力ある人物」と紹介しました。
 番組では、明治天皇皇后の夢枕に現れた龍馬の写真、暗殺された近江屋事件の精密再現模型、龍馬直筆の書簡なども紹介。KBS京都テレビでは7月10日、BS11では7月11日に放送されました。

 霊山歴史館では現在通年特別展「松陰をめぐる人びと」第3期「池田屋事件と禁門の変」を開催中。坂本龍馬や、新選組などの資料を多数展示しています。ぜひご来館ください。

 (下写真は番組から)
白井貴子さんに暗殺の謎を説明する木村学芸課長
龍馬が迎える歴史館入口 龍馬を斬った刀
明治天皇皇后の夢枕に立った龍馬 近江屋事件の精密再現模型
 
 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト