霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース /NEWS-2015.10.11-izusikoen
    霊山歴史館・木村副館長が兵庫県・出石で講演
       11月21日(土)、会場は近畿最古の芝居小屋「出石永楽館」
 
 

 霊山歴史館・木村幸比古副館長が、11月21日(土)兵庫県豊岡市出石町にある近畿最古の芝居小屋「出石永楽館」で講演会を行います。
 出石は、元治元年(1864)の「禁門の変」で敗れた桂小五郎(木戸孝允)が潜伏したところ。今回の講演会は兵庫県立歴史博物館の主催で、「逃げの小五郎出石へ奔る」と銘打って、講演、講談、フォーラムを行います。
 木村副館長の講演のテーマは「禁門の変と桂小五郎」。禁門の変での桂小五郎の行動や出石に潜伏した経緯、後に妻となる芸者・幾松との関係などを語ります。またフォーラム「幕末の志士・桂小五郎の出石潜伏をめぐって」にもパネラーとして参加します。
 会場では、霊山歴史館所蔵の「木戸孝允愛用印籠」「幾松愛用かんざし」も展示します。

 出石永楽館は、明治34年に建設された近畿地方に現存する最古の芝居小屋。平成20年に復元工事が完了し、歌舞伎や芝居、コンサートなどに使われています。歌舞伎俳優・片岡愛之助さんは
毎年、公演を行っており、本年も11月4日から10日に「第8回永楽館歌舞伎」を行います。

◆日時   平成27年11月21日(土) 開演13:00~16:00(受付12:30~)
◆会場   出石永楽館
◆入場料 無料
◆定員   300名
◆申込み 往復はがき(1枚につき2名まで)で下記に郵送。定員を超えた場合は抽選
◆申込先 〒670-0012 姫路市本町68番地
       兵庫県立歴史博物館「ひょうご歴史文化フォーラム」受付係

詳細は、下欄チラシ(表、裏)をご参照ください・




 

 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト