霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース / NEWS-2015.10.16-matuyakotizu
     BS11「尾上松也の古地図で謎解き にっぽん探究」
       木村副館長が新選組の史跡を案内。霊山歴史館の資料も多数紹介
 
    BS11の新番組「尾上松也の古地図で謎解き にっぽん探究」に霊山歴史館・木村幸比古副館長が出演。京都にのこる新選組の史跡を案内し、その行動と思いを解説しました。
 番組は、歌舞伎俳優の尾上松也さんが日本各地の歴史的名所を訪ね、古地図から読み取れる様々な謎を解き明かそうというもの。木村副館長が出演した10月13日の番組は「ヒーロー!それとも?新選組の真実」のテーマで放送されました。
 木村副館長は、新選組が京都・壬生寺に駐屯した文久3年(1863)の古地図を使って、屯所となった八木邸や前川邸、島原花街の角屋(すみや)などを案内。今なおのこる刀傷跡や、古高俊太郎を尋問した土蔵、芹沢鴨が暗殺された部屋などで新選組の行動や思想を解説しました。
 番組では、霊山歴史館の「池田屋事件細密再現模型」や「近藤勇着用の鎖帷子」、「新選組袖章」など多くの新選組関連資料が紹介されました。
 「尾上松也の古地図で謎解き にっぽん探究」はBS11で毎週火曜日20:00~20:54に放送されています。

 霊山歴史館では現在2015年通年特別展「松陰をめぐる人びと」第4期薩長同盟から維新へを開催中。新選組の資料も多数展示しています。ぜひご来館ください。

 (下写真は番組から)
八木邸で古地図を使って尾上松也さんに説明する木村副館長
角屋にのこる刀傷 古高俊太郎を拷問した前川邸土蔵
霊山歴史館を訪問 池田屋事件細密模型で説明
多くの資料を紹介(左-近藤勇鎖帷子、右ー朝廷を守護する図)
 
 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト