霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース / NEWS-2016.2.10-yoakeimidokoro
      2016年春の特別展  「幕末新収蔵品展 近代日本の夜明け」見どころ
        伊藤博文詩書、桂太郎肖像画など近代化功労者の遺品が豊富
 
 2016年春の特別展「幕末新収蔵品展 近代日本の夜明け」は、伊藤博文、桂太郎など日本の近代化に尽力した人びとの資料を中心に展示、連日多くの入館者で賑わっています。
 戊辰戦争を経て1868年9月、明治と改元され、日本は急速に近代化をすすめました。富国強兵、殖産興業のスローガンのもと、内閣制度などの政治体制や鉄道敷設などの社会インフラを矢継ぎ早に整備しました。
 本展では、初代内閣総理大臣の伊藤博文や山県有朋、桂太郎らの直筆詩書や西南戦争の錦絵などを展示。近代化に尽力した人々の足跡をたどることができると好評です。その見どころの一部を紹介します。この機会にぜひご来館のうえ、ご覧ください。

【初公開】錦絵 皇統御歴代 孝明天皇、明治天皇                      

 明治11年(1878)、梅堂国政筆の錦絵。孝明天皇は第121代の天皇で、激動の幕末に21年間在位しました。皇妹の和宮を第14代将軍・徳川家茂に降嫁させ、公武合体を推進、幕府に攘夷を迫りました。慶応2年(1866)崩御、第2皇子の明治天皇が122代天皇に即位。明治天皇は日本の近代化の象徴として指導力を発揮しました。梅堂国政は第3代歌川国貞を継承、文明開化絵や風俗画を得意としました。
 伊藤博文詩書          山県有朋詩書

 伊藤博文は天保11年(1840)百姓の子として生まれますが、後に足軽の養子となりました。安政4年(1857)松下村塾に入門、吉田松陰の薫陶を受けました。明治18年(1885)初代内閣総理大臣に就任するなど明治期の政治の中心人物として活躍しましたが、明治42年(1909)ハルピンで暗殺されました。行年69歳。上写真は明治2年、兵庫県知事時代のもの。詩書は韓国統監を辞したころ(明治42年)の作。
 
  山県有朋は、天保9年(1838)、長州藩中間(ちゅうげん)の子として誕生。松下村塾に学び、奇兵隊の軍監として活躍しました。戊辰戦争に従軍。明治2年(1869)、西郷従道とともに渡欧し、兵制調査に当たり、翌3年に帰国しました。帰国後は維新新政府軍部の最高首脳となり、軍隊の近代化に尽力。明治6年、初代陸軍卿。明治22年(1889)には内閣総理大臣に就任し、行政制度を整備するなど、大正11年(1922)に没するまで、永く日本の政治の中心人物として活躍しました。
 山県は、和歌や書などをたしなみ、作庭にも多く取り組みました。椿山荘(東京)無鄰菴(京都)古希庵(神奈川)は山県三名園と呼ばれています。
上の詩書は、明治10年(1877)千葉の印旛沼に遊んだ時の作。
 【初公開】桂太郎和歌  【初公開】高橋是清 五拾円札     
 
桂太郎は長州藩士の嫡男として弘化4年(1848)、萩城下に生まれました。明治8年(1875)ドイツ公使館付武官となり、ドイツ軍政の調査・研究に従事。明治34年(1901)第11代内閣総理大臣に就任。13代、15代の総理大臣を歴任。この間日英同盟締結、日露戦争を指導しました。上肖像画は、矢野彩仙画。自筆和歌は従軍した日清戦争の鴨緑江作戦を詠んだもの。 
 高橋是清は嘉永7年(1854)幕府御用絵師の子として江戸に生まれ、のち仙台藩足軽の養子となりました。慶応3年(1867)藩命でアメリカへ留学。
 明治25年(1892)日本銀行に入行。副総裁、総裁をつとめ、経済通として知られました。大正2年(1913)大蔵大臣に就任。風貌からダルマ蔵相とよばれました。その後数度にわたって大蔵大臣をつとめ、大正10年(1921)には第20代内閣総理大臣に就任しました。その後も大蔵大臣、農商務大臣を歴任。昭和11年(1936)2.26事件で暗殺されました。行年82歳。
 高橋是清の肖像が使用された五拾円札(下)は昭和26年に発行されたもの。昭和30年に50円硬貨が登場したため、流通量は少なく、昭和33年に発行は終了しました。
  錦絵 鹿児島城山戦争之図 永島孟斉画                   
  明治10年(1877)2月に始まった西南戦争は、熊本城攻防戦で薩摩軍がやぶれ、新政府軍が優勢のうちに推移しました。西郷軍は鹿児島まで押し戻され、城山に布陣。新政府軍は9月24日に総攻撃を開始。数に勝る新政府軍に対し、薩摩軍は奮戦しますが、西郷隆盛が自刃し、最後の内乱と呼ばれる西南戦争は終結しました。永島孟斉は明治時代の浮世絵師。戦争画などを得意としました。
 西郷が自刃した際に介錯した別府晋介の刀は、現在霊山歴史館で展示しています。 
 「近代日本の夜明け展」では、上記のほか◆「あさがきた」ゆかりの三井家と広岡浅子の時代◆新選組と池田屋事件◆坂本龍馬と薩長同盟などのコーナーがあり、好評です。
 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト