霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース /NEWS-2016.10.06-kyohakukoen
    木村副館長が京都国立博物館で講演
       11月20日(日)、テーマは「龍馬暗殺の真相」
 
 

 霊山歴史館・木村幸比古副館長が、11月20日(日)京都国立博物館で講演します。テーマは「龍馬暗殺の真相」。京都国立博物館で開催中の「没後150年坂本龍馬展」(10月15日~11月27日)に関連した講演会です。
 薩長同盟締結に貢献し、海援隊で世界との貿易を夢見た幕末の風雲児・坂本龍馬。慶応3年(1867年)11月15日、明治新政府を見ることなく京都・近江屋で暗殺されました。龍馬暗殺者は誰なのか、黒幕は誰か?木村副館長が埋もれた資料を徹底的に分析し、暗殺の真相に迫ります。
 当日、霊山歴史館では秋の特別展「龍馬~未来への旅立ち」を開催中。講演会とあわせてぜひご来館ください。

【没後150年坂本龍馬特別講演会】 
日時  平成28年11月20日(日) 開場12:15  開演13:00
テーマ 「龍馬暗殺の真相」
会場  京都国立博物館 平成知新館講堂
受講料 2600円(観覧券含むー講演後自由観覧)
定員  200人
主催・申込み 大阪読売文化センター(06-6361-3325)        
▽下図は案内ちらし                        近江屋事件細密模型(霊山歴史館蔵)

 

 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト