霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース / NEWS-2018.1.5-nhkbstobafusimii
     NHK BSプレミアム「決戦 鳥羽伏見の戦い 日本の未来を決めた80時間」 
       「戊辰戦記絵巻物」を紹介。木村副館長が解説
 
    NHKBSプレミアムで昨年12月30日に放送された「年末・幕末維新スペシャル 決戦 鳥羽伏見の戦い日本の未来を決めた80時間」で、霊山歴史館所蔵の「戊辰戦記絵巻物」が紹介され、木村副館長が内容を解説しました。
 同番組は、慶応4年(1868)1月3日に始まった新政府軍と旧幕府軍の鳥羽伏見の戦いを日本の未来を決めた戦いとして解説。当館の「戊辰戦記絵巻物」(1巻30メートル、3巻)の場面を随所に使って、両軍の戦略や装備、巻き込まれた町人の動きなどを紹介し、戦いの様子を生き生きと伝えました。
 木村副館長は、戦いに巻き込まれた町人が逃げ惑う様子や炊き出しや人足出しなどの商売をたくましく始める場面などを解説しました。
 「戊辰戦記絵巻物」は、明治16年(1883)、戊辰戦争の史実が風化していくなかで、戦いの事蹟を後世に残すために元・公卿や旧薩長藩士らが監修して制作を始め、6年の歳月を経て明治22年(1889)に完成、原画を明治天皇に献上しました。服装や隊列、軍旗などが克明に描かれています。

 霊山歴史館では現在2018年通年特別展「大西郷展」第1期西郷隆盛と薩摩藩を開催中。倒幕の志士、、政治家、思想家など多彩な顔を持つ西郷隆盛を多くの資料で紹介しています。ぜひご来館ください。

(下図は番組から)

 
                鳥羽伏見の戦いの際の町人の様子を語る木村副館長
 

 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト