s

霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース /NEWS-2018.1.28-kinensinpo
    木村副館長が基調講演とパネルディスカッション
       「京都・明治150年」記念シンポジウム 3月8日(木)開催
 
 

 霊山歴史館・木村幸比古副館長が、3月8日(木)に開催される「京都・明治150年」記念シンポジウム『~大政奉還から明治へ~「京都の町衆と岩倉・西郷」』で基調講演とパネルディスカッションを行います。
 京都市では、昨年から大政奉還150年プロジェクトを運営していますが、明治150年の幕開けにあたり、同プロジェクトを締めくくるイベントとして開催するもの。幕末の激動の時代をけん引し、都市衰退の危機に瀕していた明治期の京都の再生に取り組んだ人びとの功績や未来への活かし方について語るシンポジウムです。
 木村副館長は、基調講演で「大政奉還が意味するもの」と題して講演し、その後のパネルディスカッションに参加します。パネルディスカッションには、岩倉具房氏(岩倉具視玄孫)、西郷隆文氏(西郷隆盛曾孫、第2代京都市長・西郷菊次郎の孫)も出席します。
 
 当日、霊山歴史館では「大西郷展 第1期西郷隆盛と薩摩藩」を開催中。シンポジウムとあわせてぜひご来館ください。

【京都・明治150年 記念シンポジウム】 
日時 平成30年3月8日(木) 14:00~16:00(開場 13:30)
会場 京都ブライトンホテル 慶祥の間(京都市上京区新町通中立売)
定員 300人 (要事前申込み) ※申し込み多数の場合は抽選
参加費 無料
募集期間 平成30年1月31日(水)~平成30年2月16日(金)

申込み先、詳細は 下図をご参照ください。        
                       

 

 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト