霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース / NEWS-2018.1.30-book-bakumatusonohi
     木村学芸課長の新刊「幕末のその日、京で何が起こったのか」
      幕末に京都で起こった10大事件の真相を執筆。淡交社刊
 
 

  霊山歴史館・木村武仁学芸課長が執筆した「幕末のその日、京で何が起こったのか」がこのほど淡交社から刊行されました。
 取り上げられた事件は、安政の大獄、池田屋事件、禁門の変、薩長同盟、大政奉還、坂本龍馬暗殺など10の事件。それぞれの事件の背景や登場人物、経緯などを解説するとともに、関連資料や史跡なども紹介しています。霊山歴史館の資料も多く登場します。
 明治維新からことしは150年。幕末の京都を震撼させ、日本の歴史を変えた出来事の理解を深めるのにもってこいの書籍です。
 
 定価は本体1500円(税別)。全国書店、霊山歴史館売店(著者サイン入り)で販売中です。


価 格
定価・本体1500円 (税別)
通 販
ご希望の方は、下記にお問合せ下さい。
別途送料がかかります。

◇お問合せ先

霊山歴史館 事務局

〒605‐0861 京都市東山区清閑寺霊山町1
TEL 075−531−3773
FAX 075−531−3774

 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト