霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース /NEWS-2018.20.01-saigoten-kyotosinbunkizi
      京都新聞で「大西郷展 第1期西郷隆盛と薩摩藩」を紹介
           「肖像画や直筆の詩書などが目を引く…」 ぜひ実物をご覧ください
 
 

 霊山歴史館では2018年通年特別展「大西郷展」第1期 西郷隆盛と薩摩藩を開催中で、多くの来館者で賑わっていますが、1月31日付京都新聞で同展を紹介しています (下図ご参照)。
 記事では「今年のNHK大河ドラマの主人公でもある西郷隆盛は薩摩藩出身。幕末の京都で盟友の大久保利通らと政治活動に励み、戊辰戦争にも従軍して明治維新を成し遂げた。今回は西郷と同時代の周辺人物の資料を展示している。西郷が維新後に鹿児島に戻ってから描かれたとされるイヌを連れた肖像画が目を引く。また、大山巌に贈った西郷直筆の詩書や西南戦争の様子を描いたカラフルな錦絵などがあり、来館者が見入っている」などと紹介しています。

 同展覧会では、西郷隆盛の資料とともに、西郷を重用した島津斉彬や盟友大久保利通、篤姫などの資料を展示。また、同時代に西郷と関わった坂本龍馬、新選組の資料も多く展示しています。
 「第1期西郷隆盛と薩摩藩」の会期は3月18日(日)まで、ぜひ実物をご覧ください。





 

 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト