霊山歴史館
トップページへ ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
 
 
 
  トップページ / 歴史館ニュース / NEWS-2011.3.2
  リニューアル記念特別展が開幕
  〜関係者・来賓約70人の出席をいただきテープカット〜
 
 

 霊山歴史館で3月1日、リニューアル記念の特別展「幕末外交展」が開幕しました。主催の霊山歴史館・谷井昭雄館長、共催の岩倉公旧蹟保存会・岩倉具忠会長のほか関係者来賓の方々約70人の出席を得て、開会式が行われました。
 そのあと一般来館者の皆さんとともに、リニューアルで一新された館内を熱心に見学されました。

霊山歴史館の講堂で行われた開会式で挨拶に立つ谷井館長(左)
小雨のために室内でテープカット 左から 小林NHK京都放送局局長、宮本京都市教育委員会生涯学習部長、岩倉会長、谷井館長
新規導入した二階展示室の様子 右の展示物は咸臨丸模型

主催者挨拶と来賓祝辞より】(骨子のみ)

・谷井館長は「霊山歴史館は単に歴史資料の陳列におわることなく、維新の志士の心を伝えることを通じて日本の伝統精神を継承・振興して、次代をになう人たちに勇気と元気をもってもらえるように努めたい」と表明しました。

・岩倉会長は「現下の日本がおかれている状況にかんがみ、幕末の外交史をテーマにした特別展は時宜を得ていると思う。かつてローマの日本文化会館に勤めていた時、日本の伝統文化とともに先端の日本を紹介すると、二つが両立していることが不思議がられた。これを理解するカギは、日本の伝統を堅持しつつ西洋文明を取り入れた明治維新にあると思う」との考えを披歴しました。

・来賓の宮本京都市生涯学習部長からは「京都市全体を博物館と見立てて各館が連携をしながら文化発信に努めているなか、霊山歴史館の存在は大きな意義がある」と激励の言葉をいただきました。

 

 
 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト