霊山歴史館
HOME ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
展覧会・行事
展覧会
維新土曜トーク
友の会ツアー
歴史教室
特別講演会
 
 
 
  トップページ / 展覧会・行事 / 維新土曜トーク / 第69回維新土曜トーク
      第69回維新土曜トーク 6月6日(土)開催 
       テーマ「幕末刀剣裏話」 講師は刀剣研究家・林泰行氏
 
  第69回維新土曜トークは、刀剣研究家・林泰行氏による講演「幕末刀剣裏話」です。6月6日(土)に開催します。
 刀剣は、安土桃山時代から戦国時代にかけて多くの銘品が作られましたが、その後、江戸期の戦乱のない世となって美術品としての要素が高くなりました。しかし、幕末動乱の時代になり、その形は豪壮で実用的な姿となり、刀剣が戦いの道具として再び注目されるようになりました。
 新選組・近藤勇が愛用した”虎徹”は本物か、など幕末の刀剣にまつわる裏話を語っていただきます。

 当日は、林先生による刀剣の鑑定を行います。ご希望の方はご持参ください(おひとり二振りまで。「銃砲刀剣登録証」があるものに限ります)。

                     霊山歴史館の龍馬を斬った刀
 
                                       

◆第69回維新土曜トーク
◇日時:2015年6月6日(土) 午後1時30分~
◇テーマ:「幕末刀剣裏話」
◇講師:刀剣研究家・林泰行氏

◇会場:霊山歴史館 講堂

【募集ご案内】
◇会費:友の会会員 無料、一般 500円
◇定員:160人(予約が必要です)
◇お申込み:電話、FAX、メールなどで霊山歴史館へ。
 行事名、お名前、会員番号(会員の場合)、連絡先などを
 ご明記ください。

▲このページのトップへ
 
一覧ページへ戻る

 

 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト