霊山歴史館
HOME ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
展覧会・行事
展覧会
維新土曜トーク
友の会ツアー
歴史教室
特別講演会
 
 
 
  トップページ / 展覧会・行事 / 維新土曜トーク /第70回維新土曜トーク
  第70回維新土曜トーク(ウォーク) 10月3日開催
    「幕末維新 山陰街道の宿場町・樫原を歩く」 ~現地講座~
 
 
 第70回維新土曜トークは「幕末維新 山陰街道の宿場町・樫原を歩く」をテーマにした現地講座です。
 京都の西の玄関口・樫原(かたぎはら)は、山陰街道の宿場町として江戸時代に大変栄えたところです。幕末、この地域の豪農である山口薫次郎や長州藩御用達の油屋・小泉仁左衛門は勤王の志士・梅田雲浜に物心両面の援助を行いました。
 また、禁門の変の際に長州藩のしんがりを務めたため小浜藩兵に惨殺された薩長三志士の墓など幕末の史跡が多く残っています。嘉永年間に作られ、明治になってから華頂宮家から下賜された郷倉内部も特別公開されます。
 風情ある江戸時代の街並みが残り、京都市の界わい景観整備地区に指定されている樫原を霊山歴史館・木村武仁学芸課長がご案内します。(下写真は山口薫次郎の墓がある冷聲院)
 
 
 
  ◇日 時: 10月3日(土) 午後1時30分~午後3時30分ごろまで
(雨天の場合も行います)
  ◇講師: 木村武仁(霊山歴史館学芸課長)
  ◇集合場所: 阪急電車「桂駅」改札口 午後1時30分
  ◇行き先 樫原札の辻(旧山陰街道)、冷聲院(山口薫次郎墓、孝子儀兵衛之碑)、小泉仁左衛門邸宅跡、郷倉(内部特別公開)、勤王家殉難之碑、薩長三志士墓などなど
  ◇解散場所: 京都市バス「三ノ宮街道」バス停
  ◇定員: 40名(先着順)
  ◇会費: 一般 500円、友の会会員 無料
  ◇お申込み: 電話、ファックス、メールで下記までお申込みください。
    〒605-0861京都市東山区清閑寺霊山町1 
霊山歴史館事務局
電話075-531-3773、ファクス075-531-3774
Eメールでのお申し込みはoffice@ryozen-museum.or.jp
 
 
一覧ページへ戻る
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト