霊山歴史館
HOME ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
展覧会・行事
展覧会
維新土曜トーク
友の会ツアー
歴史教室
特別講演会
 
 
 
  トップページ / 展覧会・行事 / 維新土曜トーク / 第76回維新土曜トーク
      第76回維新土曜トーク 12月3日(土)開催
       「2人の祐宮 尊号一件から明治天皇即位まで 中山家の奮闘」
 
 「第76回維新土曜トーク」は12月1日(土)に開催、テーマは「2人の祐宮 尊号一件から明治天皇即位まで 中川家の奮闘」です。講師は歴史家・高野 澄氏です。

  2人の祐宮(さちのみや)とは、第119代光格天皇と第122代明治天皇の御称号(幼名)。光格天皇は、皇子がいなかった第118代後桃園天皇の養子となり即位しました。尊号一件は、光格天皇が実父・閑院宮典仁親王に太上天皇の尊号を贈ろうとして、幕府老中・松平定信に拒否された事件。時の大納言・中山愛親(なるちか)が勅使として幕府と交渉にあたりました。
 一方、明治天皇の生母は中山忠能(ただやす)の娘である中山慶子。2人の祐宮に関わり、歴史の転換点で奮闘した中山家と、関連の事件を解説していただきます。

 
 高野澄(きよし)氏は、同志社大学文学部卒業、立命館大学大学院文学研究科近代史専攻修了。奈良本辰也氏との共著ほか、「京都の謎 幕末維新編」(祥伝社)、「龍馬海援隊 夢と志」(経営書院)、「新・京都の謎」(PHP文庫)など著書多数。





◆第76回維新土曜トーク
◇日時:2016年12月3日(土) 午後1時30分~
◇会場:霊山歴史館 講堂
◇テーマ:「2人の祐宮 尊号一件から明治天皇即位まで  中山家の奮闘」
◇講師:歴史家 高野 澄氏


【募集ご案内】
◇会費:友の会会員 無料、一般 500円
◇定員:120人(予約が必要です)
◇お申込み:電話、FAX、メールなどで霊山歴史館へ。
 行事名、お名前、会員番号(会員の場合)、連絡先などを
 ご明記ください。
▲このページのトップへ
 
一覧ページへ戻る

 

 
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト