霊山歴史館
HOME ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
展覧会・行事
展覧会
維新土曜トーク
友の会ツアー
歴史教室
特別講演会
 
 
 
  トップページ / 展覧会・行事 /展覧会
  2011年夏の展覧会
 
   

展覧会 2011年夏の展覧会 「幕末維新の軌跡」
〜近代日本の門戸はここから開かれた〜」
期 間 2011年7月6日(水)〜24日(日)
休館日 月曜日 *7月18日は開館、19日は休館
時 間 午前10時〜午後4時半
7月9、10日は5時半まで。16日以降は6時半まで。
(受付は各30分前まで))
料 金 大人500円/高校生300円/小中学生200円
団体20人以上は大人は100円引き、他は50円引き
友の会会員は無料(会員証提示)
優 待 クーポン券または本展チラシをご持参いただくと、上記団体料金でご入館できます。
【お願い】 開館日等詳細は変更になる場合がありますのでご来館前に当サイトトップページや電話でご確認ください。電話:075-531-3773


夏の展覧会 開催にあたって

    世の人は我を何ともいわば言え
       我がなすことは我のみぞ知る

 龍馬の詠んだ和歌であるが、東奔西走した志士たちは同じような心境で、私心を捨てて自らの信念を貫き、明日の日本のために身を投じていった。 
 近年、武士の生き方が再評価されている。多くの人を育てた吉田松陰は、「志を抱いて行動すればおのずと、そこには使命と覚悟があらわれるものである。高邁な志があれば、志半ばで殉死しても必ずや受け継ぐ者があらわれる。無気力で志も持たず、命を永らえるべきではない」と、その生涯を全力で走り抜けていった。
 身分はどうあれ志の高い志士たちが残した詩書からは、ほとばしる精神力がみなぎっている。「心気清徹にして明鏡の如し」の心に触れることができる。
 夏の展覧会ではそのような詩書をはじめ、勤王、佐幕と立場は違っても、日本の行く末を憂いた幕末の英傑たちが、真剣に立ち向かっていった姿を伝える資料や解説映像などで維新への軌跡をたどってみたい。
 現在、日本は財政難や経済不況、そして何よりも東日本大震災によって、大変な苦境に立たされている。試練を乗り越えようとする私たちに、幕末の先覚者が語りかけてくるメッセージに耳を傾けたい。
 本展にご協力いただいた関係各位に厚くお礼を申し上げます。
 
                 平成二十三年(2011)七月  霊山歴史館

▲このページのトップへ
 
一覧ページへ戻る

 

このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト