霊山歴史館
HOME ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
展覧会・行事
展覧会
維新土曜トーク
友の会ツアー
歴史教室
特別講演会
 
 
 
  トップページ / 展覧会・行事 /展覧会
  2011年夏の企画展 「ゆれ動いた幕末京都」
 
   

ゆれ動いた幕末京都

展覧会 2011年夏の企画展
「ゆれ動いた幕末京都」
期 間 7月26日(火)〜8月28日(日)
休館日 月曜日 ※8月8日・15日は開館
時 間 午前10時〜午後6時半(受付は6時まで)
料 金 大人700円/高校生400円/小中学生300円
団体20人以上は各100円引き
友の会会員は無料(会員証提示)
優 待 クーポン券または本展チラシをご持参いただくと、上記団体料金でご入館できます。
【お願い】 開館日等詳細は変更になる場合がありますのでご来館前に当サイトトップページや電話でご確認ください。電話:075-531-3773


企画展「ゆれ動いた幕末京都」開催にあたって

 皇娘・和宮の降嫁と引き替えに、徳川幕府は朝廷に攘夷決行を約束した。そして孝明天皇が攘夷祈願のために両加茂社に行幸することになり、14代将軍・徳川家茂が上洛、随行することになった。将軍の上洛は、実に229年ぶりのことであった。
 次第に政治の表舞台は江戸から京都へと移り、過激な攘夷思想を持つ公家や志士たちが大きな力を持つようになる。その反動として起こったのが、「八月十八日の政変」だった。孝明天皇は強引に攘夷をすすめ、幕府との対立を深めていく長州藩のやり方に不信感を抱き、公武合体派の公家や京都守護職を勤めていた会津藩、そして薩摩藩を信頼した。政変で激派の公家や長州藩は京都を追われ、失地回復を目指した長州藩や激派の浪士たちは、地下活動を行った。それを「池田屋事件」で押さえ込んだのが、新選組だった。これがきっかけとなり、京都で起こった戦争が「禁門の変」である。
 その後、犬猿の仲だった長州藩と薩摩藩が「薩長同盟」を結ぶと時代は大きく動いていった。徳川慶喜は「大政奉還」をおこなって、武力討幕派の動きを封じ込め、徳川勢力の温存に尽力したが、「鳥羽伏見の戦い」で旧幕府軍は朝敵となった。幕末の4年間、京都で政局はめまぐるしくゆれ動いたのである。
 本展はこれらの事件・戦争の実像に迫る展覧会として企画構成した。企画にあたりご協力いただいた関係機関、個人の所蔵家に厚く御礼申しあげます。

 平成23年(2011)7月吉日 霊山歴史館

▲このページのトップへ
 
一覧ページへ戻る

 

このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト