霊山歴史館
HOME ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
展覧会・行事
展覧会
維新土曜トーク
友の会ツアー
歴史教室
特別講演会
 
 
 
  トップページ / 展覧会・行事 /展覧会
 
      2014年 秋・冬の特別展  京都養正社寄贈記念
   龍馬、高杉、武市…「日本を変えた男たち」
 
   
 幕末維新の顕彰団体「京都養正社」から寄贈を受けた資料を中心に坂本龍馬、高杉晋作、武市半平太はじめ新しい日本をつくるために奔走した志士たちの足跡をたどります。
 龍馬や中岡慎太郎直筆の書簡や高杉晋作愛用の銅盆など見どころ満載です。
 新選組三番隊組長で、会津戦争でも活躍した斉藤一の明治期の新発見資料や、近藤勇の鎖帷子など新選組の資料も多数展示します。



展覧会             2014年 秋・冬の特別展
          京都養正社寄贈記念
  龍馬、高杉、武市…「日本を変えた男たち」
期 間 2014年9月10日(水)〜12月26日(金)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
開 館
時 間
・午前10時~午後5時半
・11月15日~11月30日 午前10時~午後6時半
(入館はいずれも閉館30分前まで)
入館料 大人700円、高校生400円、小中学生300円
(団体料金-20人以上-は大人600円、高校生300円、小中学生200円)
友の会会員は無料(会員証提示)
優 待 クーポン券または本展チラシをご持参いただくと、上記団体料金でご入館できます。
【お願い】 開館日等詳細は変更になる場合がありますのでご来館前に当サイト開館案内カレンダーや電話でご確認ください。電話:075-531-3773

「日本を変えた男たち」開催に当たって
 このたび公益財団法人霊山顕彰会は、姉妹財団である京都養正社の解散にあたり、所蔵資料49点の一括寄贈を受けました。
 京都養正社は明治9年(1876)、内閣顧問だった木戸孝允がのちに京都府知事となる槇村正直とともに設立した幕末明治維新の顕彰団体です。明治天皇からのご下賜金四千円を基金とし、幕末に活躍した人びととその子孫が京都養正社の社員(会員)となりました。
 そして明治36年(1903)、京都養正社は財団法人となり、東山霊山に眠る志士の私祭や展覧会を開催しました。毎年10月14日(大政奉還記念日)に行われる霊山での私祭は京都養正社の主催でした。
 昭和45年、霊山歴史館の開館にともない、京都養正社の所蔵資料は霊山歴史館に寄託され、特別展などで公開されてきました。
 今回、寄贈された資料の中には、坂本龍馬や中岡慎太郎の書状、武市半平太の自画像(石版画)、高杉晋作愛用の銅盆、吉村寅太郎の脱藩前夜に詠んだ詩、禁門の変に参戦した長州僧・河村松渓の兜など、大変貴重な資料が含まれております。これに霊山歴史館の資料を加え、約100点を公開いたします。
 本展にご協力いただいた京都養正社をはじめ多くの方々に謝辞を申し上げます。
 
                             平成26年(2014)9月吉日      霊山歴史館 
                                    
▲このページのトップへ
 
一覧ページへ戻る

 

このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト