霊山歴史館
HOME ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
展覧会・行事
展覧会
維新土曜トーク
友の会ツアー
歴史教室
特別講演会
 
 
 
  トップページ / 展覧会・行事 /展覧会
 
                2016年秋の特別展
      「龍馬~未来への旅立ち
 
   
 薩長同盟や大政奉還の実現に尽力した幕末の風雲児・坂本龍馬。海援隊を率い、蝦夷地開拓も夢見た龍馬は新政府を見ることなく、凶刃に斃れました。
 龍馬は未来に何を思い、何を残したのか、直筆の手紙や周辺の人びとの資料から探ります。
 



  



展覧会       2016年秋の特別展
       龍馬~未来への旅立ち
期 間 【第1期】2016年9月14日(水)〜10月30日(日)
【第2期】2016年11月1日(火)~12月25日(日)
休館日 月曜日(祝日開館、翌日休館) 
*9月19日(月)、12月19日(月)は開館
*11月12日(土)~12月4日(日)は休館日なし
*詳しくは開館カレンダーをご覧ください
開 館
時 間
午前10時~午後5時30分 
*11月12日(土)~12月4日(日)は午前10時~午後6時30分
(入館は閉館30分前まで)
入館料 大人700円、高校生400円、小中学生300円
(団体料金-20人以上-は大人600円、高校生300円、小中学生200円)
友の会会員は無料(会員証提示)
優 待 クーポン券または本展チラシをご持参いただくと、上記団体料金でご入館できます。
【お願い】 開館日等詳細は変更になる場合がありますのでご来館前に当サイト開館案内カレンダーや電話でご確認ください。電話:075-531-3773

開催に当たって
 今年は薩長同盟の成立から150年にあたります。犬猿の仲だった長州藩と薩摩藩の同盟締結に尽力した坂本龍馬の功績は大きいものでした。この同盟によって薩摩藩は第二次長州征伐への参加を見送り、幕府軍は長州軍に撃退されました。幕府はこの敗北によって政策を大きく転換させ、15代将軍に就任した徳川慶喜は軍政改革に着手、フランスの軍事顧問団を迎え入れます。これに対して薩摩藩や長州藩はイギリスとの関係を強化し、軍備の近代化を図りました。

 龍馬は薩長と幕府が全面戦争に突入すれば、国を二分する戦いとなり、西洋列強がその隙につけいってくることを危惧していました。そこで内戦を避けるために、将軍が政権を自主的に朝廷に返上する大政奉還の実現を目指します。しかし薩長などの武力討幕派が力をつける中、龍馬は武力討幕も視野に入れ、海援隊はライフル銃の買い付けも行っています。
 そんな中、将軍慶喜は大政奉還を行いました。政権を朝廷に返還することで、武力討幕派の大義名分を奪おうとしたのです。目指していた大政奉還が実現したため、次に龍馬は新政府の財政をどうするか頭を悩ませます。
 龍馬の師である勝海舟や土佐・山内容堂は、越前・松平春嶽と親交があり、龍馬は福井藩士の村田巳三郎(氏寿)や三岡八郎(由利公正)、福井藩政治顧問の横井小楠とパイプを持っていました。死の直前、龍馬は越前へ行きますが、その目的は財政通である由利公正を新政府に引っ張り出すことでした。越前から戻った龍馬は京都の近江屋で暗殺されてしまいますが、由利は新政府で徴士参与となり、太政官札の発行や商法司の設置などに取り組み、財政問題に尽力しました。
 今回は福井市立郷土歴史博物館所蔵の松平春嶽ゆかりの逸品をはじめ、山内容堂や徳川慶喜などの貴重な資料7点や、霊山歴史館の龍馬関係資料など約100点を公開いたします。
 同展にご協力いただいた関係機関、所蔵者に心より御礼申し上げます。
                                  平成28年(2016)9月吉日 霊山歴史館
            主な展示資料
 ◆龍馬周辺の人びと(9月14日~10月30日、12月6日~25日)
  【初公開】坂本龍馬レリーフ
  ・坂本龍馬 肖像画  ・特殊造形 坂本龍馬像
  ・松平春嶽 詩書  ・由利公正 詩書
  ・山内容堂 自画賛 高士観瀑図
  ・佐久間象山 省諐録〈せいけんろく〉(写本)
  ・錦絵 元治夢物語
◆龍馬をめぐる人びと(11月1日~12月4日)
  【初公開】坂本龍馬レリーフ
  ・坂本龍馬 肖像画  ・特殊造形 坂本龍馬像
  〇福井市立郷土歴史博物館所蔵資料
   ・松平春嶽書 元気  ・松平春嶽所用 白糸威陣羽織
   ・山内容堂筆 容堂先生難船を見て笑ふ図
   【初公開】四老公肖像写真衝立
   【初公開】東西くらべ 文久二年八月
   ・馬威図屏風
◆龍馬と土佐
  ・坂本龍馬 書状 乙女宛(複製)  ・坂本八平 修行中心得大意(複製)
  ・河田小龍画 牛若丸鞍馬山勉学図
  ・武市瑞山 自画賛(石版画) ・武市瑞山 肖像画
  ・那須信吾 血染めの小旗  ・那須信吾 戦死時の所持品
  ・田中光顕 和歌
  【初公開】汗血千里駒 初版本(坂崎紫瀾著)
◆龍馬の海軍構想 亀山社中と海援隊
  ・坂本龍馬書状 高松太郎宛  
  ・龍馬愛用の飯碗と湯呑(複製)
  ・勝海舟 肖像写真  
  ・閑愁録(海援隊版)
◆薩長同盟と大政奉還
  ・坂本龍馬 薩長同盟裏書(写真)
  ・坂本龍馬書状 本山只一郎宛  ・坂本龍馬書状 岡本健三郎宛
  ・中岡慎太郎 時勢論  ・中岡慎太郎 肖像画
  ・西郷隆盛 詩書  ・西郷を介錯した刀(個人蔵)
  ・木戸孝允 都々逸 梅と桜  ・木戸孝允 写真パネル
  ・後藤象二郎 詩書  後藤象二郎 写真パネル
  【初公開】徳川慶喜画 西洋雪景色(福井市立郷土歴史博物館蔵)*11/1~12/4展示
  ・徳川慶喜 一行書
◆桂早之助
  ・桂早之助 剣術免許  ・桂早之助 由緒書並親類書  ・桂早之所用 火縄銃
  ・戊辰戦争絵巻  
◆新選組と池田屋事件
  ・近藤勇所用 鎖帷子  ・近藤勇 詩書屏風  ・近藤勇晒し首図
  ・新選組袖章  ・新選組隊士名簿(英名録)  
  ・池田屋事件感状 
  ・土方歳三 添状(複製) 
  ・沖田総司 書状 佐藤彦五郎宛(複製)
  ・島田魁 日記   
など約100点を展示
  
▲このページのトップへ
 
一覧ページへ戻る

 

このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト