霊山歴史館
HOME ご利用案内 霊山歴史観について 展覧会・行事 刊行物・グッズ
展覧会・行事
展覧会
維新土曜トーク
友の会ツアー
歴史教室
特別講演会
 
 
 
  トップページ / 展覧会・行事 / 友の会ツアー / 2014年霊山歴史館友の会ツアー
   友の会ツアー参加者募集 「幕末動乱の長州藩を巡る
  -山口県中心部、防府、鋳銭司、湯田温泉の史跡探訪-毛利博物館、瑠璃光寺などみどころ満載
    5月31日(土)~6月1日(日) 木村副館長、木村学芸課長が同行
 
 
ツアーのあらまし
 幕末動乱から明治維新へ、その主役のひとつとなった長州藩ゆかりの地を探訪する旅です。1日目は大型貸切バスで広大な毛利氏庭園、毛利博物館、大村益次郎出身地の鋳銭司(すぜんじ)などを巡ります。
 お宿は名湯湯田温泉の「西の雅 常盤」。名物女将が毎日、心のこもった楽しいイベントを開催します。
 二日目は、まず湯田温泉高田公園周辺の井上馨旧邸跡、七卿碑、所郁太郎顕彰碑などを巡ります。さらに山口中心部に入り、毛利氏墓所、国宝の瑠璃光寺五重塔、木戸神社などを訪れます。
 見どころ満載。歴史ロマンあふれる新緑の山口を満喫しましょう。

 
           毛利博物館
 
             大村益次郎墓所
 
            毛利家墓所
 
             瑠璃光寺五重塔
行 程(状況で一部変更の場合があります。写真はイメージです。)
5月31日
(土)
◆集合場所・新山口駅(現地集合) 昼 12時30分(昼食を済ませておいてください)
◆行先/毛利氏庭園、毛利博物館⇒防府天満宮、野村望東尼歌碑、大専望、芳松庵、春風楼⇒鋳銭司郷土館、大村神社、大村益次郎墓、井上馨銅像、七卿の碑、所郁太郎顕彰碑、世外井上馨候遭難の地⇒湯田温泉「西の雅 常盤」【泊】宴会場にて懇親会

湯田温泉は約600年前に開湯された歴史ある温泉。幕末の長州藩士や公家、勤王の志士たちも疲れや傷を癒したところです。「西の雅 常盤」は趣の違う10の湯船を誇り、料理も自慢の有名旅館です。なかでも女将が演じる出し物はテレビでも紹介されています。ゆっくりとおくつろぎください。
6月1日
(日
◆行先/高田公園、井上馨銅像、井上馨旧邸地石碑、七卿の碑、所郁太郎顕彰碑、世外井上馨候遭難の地⇒旧山口藩庁門、毛利敬親の墓、露山堂、枕流亭、瑠璃光寺五重塔、洞春寺、木戸神社ほか
◆解散場所・時間/JR新山口駅(現地解散)夕方5時30分頃
■募集要領
参加費
 霊山歴史館友の会会員30,000円、一般33,000円
 ※一般の方は友の会(年会費3,000円)に同時入会されると、30,000円で参加いただけます。

 【参加費に含まれるもの】宿泊代、食事代(1日目夕食、2日目朝・昼食各1回)、貸切バス代、各施設入館料・見学代金
 
 ※5月20日以降は、キャンセル料が発生します。
宿泊先
 湯田温泉 「西の雅 常盤

 和室にて会員様同士の相部屋となります。一部屋4~5名様での利用を予 定。ご夫婦等での参加で、二人部屋をご希望の場合は、料金お一人で   10,800円追加料金がかかります。また二人部屋は部屋数が限られていま  すので、ご希望に添えない場合もございます(申込順)。おひとりでの二  人部屋宿泊はできませんので、ご了承ください。

 ・住所 〒753-0056 山口市湯田温泉4-6-4
 ・電話 083-922-0091
募集人数
 30人(郵便振込み・入金先着順)
 ※入金後、定員オーバーの場合は返金いたします。
お申込み
 電話、メール、ファクスで事務局にお申込みください。氏名、性別、ご住所、ご連絡先をご記入ください。
 残数状況をご連絡しますので、枠がある場合は郵便振込で参加費をご送金ください。
 ・事務局(霊山歴史館)
  〒605-0861京都市東山区清閑寺霊山町1
  電話:075-531-3773 ファクス:075-531-3774
  Eメール:office@ryozen-museum.or.jp
 ・郵便振込先
  口座番号 01080(7)20165
  加入者名 公益財団法人 霊山顕彰会
※お申込み時にいただいた個人情報は充分な管理のもと、当目的以外には使用いたしませんのでご安心くださ  い。
一覧ページへ戻る
このホームページの著作権はすべて霊山歴史館に属します。
Copyright 2011, Ryozen Museum of History, Japan
お問合せ トップ頁へ サイトマップ 関連サイト