館内リニューアルのご案内

新展示ケースの導入、新しい書も登場、エレベーター新設など

霊山歴史館は2019年1月より3月にかけて約2か月間、リニューアル工事を行いました。3月8日のリニューアルオープンより、新しくなった館内をご案内します。

◆展示ケースの刷新
外気をケース内に入れず温度や湿度を一定に保つ機能を有した「エアタイトケース」を全館に導入、これにより全ケースで重要文化財の借用展示などにも対応可能になりました。

◆新しい書が登場!
館内正面に、書家の杭迫柏樹(くいせこはくじゅ)氏が揮毫した書「至誠通天」が新たに展示されました。3.4m×3.2mの迫力ある書です。「至誠、天に通ず」は「真心は必ず天に通ずる」の意です。この言葉は、幕末の志士たちに大きな影響を与えました。

◆エレベーター
新たにエレベータを設置いたしました。館内を快適にご観覧ください。
※車イスご利用の方は、今回設置のエレベーターで乗降いただけます。

◆グッズ販売コーナー
グッズ販売コーナーは、商品全体を俯瞰できる展示に変更しました。ゆっくりとご覧ください。

新しくなった霊山歴史館に、ぜひお立ち寄りください!