「新選組」ファンミーティング、熱量あがる!!

2月1日(土)に、開催中の展覧会「徳川幕府と新選組」のギャラリートークと「新選組」ファンミーティングを行いました。
米澤亮介学芸員による約1時間のギャラリートークの後、場所を講堂に移して19名の方がファンミーティングに参加。熱烈な土方ファンという6歳の女の子から、ベテランファンの方々まで参加者が新選組への思いを語り、熱量の高いミーティングとなりました。

木村武仁学芸課長、米澤亮介学芸員の二人がまず口火をきり、全員が
1.新選組を好きになったきっかけは?
2.好きな新選組隊士は? その理由は?
について語りました。


話が進むにつれ、うなずいたり、感心したり、「私も~」という声もあり、共感する姿が見られました。

新選組を好きになったきっかけは、小説では司馬遼太郎「燃えよ剣」・子母澤寛「新選組始末記」など、テレビドラマでは「燃えよ剣」「新選組血風録」「新選組!」など、また他にアニメやゲーム、東映映画などが上がりました。

好きな隊士は、土方歳三、沖田総司、近藤勇、山南敬助、斎藤一、吉村貫一郎、井上源三郎など。中でも土方歳三は老若男女問わずファンが多く、好きな理由としては「一本気のある男・国のため自分のため筋を通した・農民の出ながら誠の武士を目指した・公に殉じる生き方」といった声が聞かれました。

新選組ゆかりの各地を訪れている人も多く、「他のファンの意見を聞くのは勉強になる」「現在の日本になった経緯を知りたい」「幕末は色んな方向から見ることができ、色んな意見が出るのが面白い」という新選組好き&幕末好きの方々で盛り上がったファンミーティングとなりました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

※3月8日(日)はギャラリートーク&「勤王の志士」ファンミーティング
こちらもぜひ、ご参加ください!